playframework1‎ > ‎framework‎ > ‎

一時ファイル作成機能

一時ファイルでの作業を助けてくれるプラグインがある。
play.data.parsing.TempFilePlugin


アップロードされたファイルを受信する機能のために作られており、一時的な作業フォルダを作成してくれる。
play.tmp で定義したフォルダの配下に、"upload/?????" というフォルダを作成する。

File tmp = TempFilePlugin.createTempFolder();
File tmpFile = new File(tmp, "temporary.txt");


作成したフォルダと配下のファイルは、レスポンスを返す直前に削除されるので、後始末についてはあまり考えなくて良い。
(受信ファイルを永続化しないでおくとそのまま消滅してしまうのと同じ挙動)


レスポンスを返す直前に削除が行われるので、このフォルダで作成したファイルを renderBinary() で返却することはできない。