playframework1‎ > ‎framework‎ > ‎

ログ出力

playframeworkでは、play.Loggerクラスを経由してLog4jがすぐに使える状態になっている。
一般的な用途であれば、これで不自由無いと思う。

設定

標準のLog4jの設定ファイル(log4j.properties)は、playがインストールされているフォルダ配下のframework/srcフォルダにある。
アプリケーションごとに設定を変えたい場合は、アプリケーションのconfフォルダへ設定ファイルをコピーしてきて編集する。
設定内容を反映させるためには、DEVモードであってもサーバの再起動が必要。
 

設定の切り替え

どの設定ファイルを使用するかをapplication.confに記述することができる。
フレームワークIDを利用することにより、DEVモードとPRODモード、複数の環境でログレベル、出力先、フォーマットなどを切り替えることができる。

application.log.path=/log4j.properties
%prod.application.log.path=/log4j.prod.properties

 

関連